ホーム > 事務局通信

事務局通信

現在までの事務局通信はこちらからご覧下さい

事務局通信 vol.6


五十嵐川にシバザクラを植えました


 9月28日(土)、今年度の助成団体、新潟県三条市の一ノ木戸商店街朝草会さんによる五十嵐川右岸堤防のり面へのシバザクラ植栽活動に参加し、昭栄大橋から一新橋までの370mに1万4,000株を植えました。
 ここは2004年に甚大な被害をもたらした7・13水害の復興のシンボルとして、2009年にコメリ緑資金を助成し約2万株のシバザクラを植えたところです。ところが2011年の豪雨で流されてしまい、再びシバザクラを咲かせ、市民が憩える河川空間にしたいと願っての取り組みです。

五十嵐川にシバザクラを植えました

7・13水害の復興のシンボルとして2009年に約2万株のシバザクラを植えました。
翌年にはこんなに綺麗に咲きましたが、2011年の豪雨で流されてしまったため、
再び植栽活動に取り組みました。


 当日は、朝草会さんの呼びかけでおよそ280名もの市民が集まり、当財団からも事務局2名とコメリから6名が参加しました。のり面には防草シートが張られ、切れ込みのところに1株ずつシバザクラを植え付けます。足を踏ん張りながらの作業は結構きついものがありましたが、280名の力はすごい!みるみるうちに小さな苗で堤防は埋まり、午前中に作業はほぼ完了。昼食におにぎりと朝草会さんお手製の豚汁をおいしくいただき、午後からはハート柄が浮かびあがるように白とピンクのシバザクラを植えました。
 活動後、一新橋から下流を眺めると、五十嵐川の流れに沿ってゆるやかなシバザクラのラインが昭栄大橋まで続いていました。
 来年の春、どのような美しい姿を見せてくれるのか、今から楽しみです。


 

 

ページTOP△