ホーム > コメリ緑育成財団とは > 沿革

沿革

コメリの利益の1%還元事業 コメリ緑資金

 コメリの創業の地は新潟県三条市です。株式上場のため本社を新潟市に移転する際、お世話になった地元へのご恩返しにと、三条にある名刹・法華宗総本山本成寺において、地元産業界の方々と協力して1989年10月、荒廃していた庭園を復元しました。今では、毎年茶会が開かれるなど、市民が集う場所になっています。
  この事業をきっかけに、コメリは利益の1%を継続的に社会に還元していくことを決定し、1990年に「コメリ緑資金の会」を設立しました。以来、「コメリ緑資金の会」では、日頃お世話になっている地域の皆様への感謝の気持ちを込めて、出店地域における緑化活動を支援し続け、これまで29年間の活動総額は20億9,717万円にのぼります。


三軌苑 コメリの利益の1%還元「コメリ緑資金」を始めるきっかけとなった、本成寺(新潟県三条市)の庭園。毎春、茶会が開かれ、市民が集う憩の場になっています。

広がる1%還元事業

 活動当初は緑化活動への助成が主なものでしたが、出店地域が年々広がり、また時代とともにコメリへ寄せられる期待も変化してまいりました。
 そんなことから1996年に「財団法人緑育成財団」を設立し、園芸や農業分野の研究開発事業への助成をスタートしました。
 また、1999年からは従業員が幼稚園や小中学校等にボランティアで花を植える「コメリ緑資金ボランティア」制度を導入。従業員が休日を利用してボランティアとして緑化活動に参加することは、地域の皆様との交流が深まると同時に、地域に根ざした営業の意識が一層向上するなど、社員教育の面でも効果が表れています。

緑資金ボランティア

公益財団法人 コメリ緑育成財団としてスタート

このように、「コメリ緑資金の会」と「財団法人緑育成財団」は、コメリの利益の1%還元事業として車の両輪のように機能してきましたが、これらの事業をさらに拡大し、広く自然環境の保全や整備、保護事業にも取り組むため、2012年、両事業を統合し「公益財団法人コメリ緑育成財団」として新しくスタートしました。
 私たちの住むふるさとが緑豊かで平和であってほしいと願い、「緑」をテーマにした事業を通じて地域産業の振興並びに地域社会の発展に貢献できるように取り組んでまいります。


緑資金ボランティア

沿革

1989年 新潟県三条市の法華宗総本山本成寺の庭園を復元
1990年 「コメリ緑資金の会」を設立し、コメリの利益の1%を還元する「コメリ緑資金」公募助成を開始
1996年 「財団法人緑育成財団」設立
1999年 コメリ従業員がボランティアで地域の緑化活動に取り組む「コメリ緑資金ボランティア」を開始
2012年 「コメリ緑資金の会」と「財団法人緑育成財団」を統合し「公益財団法人コメリ緑育成財団」としてスタート

ページTOP△